NBAで賭ける方法 – 4つのコツと戦略

nba

NBAはベッターがお金を稼げるようにシーズン中ずっと、多数の機会を提供しています。30チームがそれぞれ82試合プレイし、それにはすべてのプレイオフアクションは含まれていません。ベッターには、オッズメーカー以上にエッジがあると信じて、シーズン始めにすぐに飛び込む人がいます。賭ける前にチームから十分にサンプルサイズを見るまで待つベッターもいます。どちらの方法でも、長年経ってキャバリアーズとウォリアーズはもうこのスポーツを支配していないと考えられ、NBA現在ではさらに幅広く開いています。

NBAベッティングにアプローチすべき最高の方法は何でしょう?ここではバンクロール構築のためにNBAを使用する手助けとなる役立つ戦略をいくつかご紹介します。

スケジュールを知る

熱心なNBAのフォロワーなら、「back-to-back」というフレーズはあなたのボキャブラリーにしっかり根付いているでしょう。「Back-to-Back」とは、連日プレイしているチームのことです。ベッターはよく、連戦の2回戦目でチームを自動的に消去します。疲れているチームは、もっと不利であると想定するからです。

ですが、この状況では、オッズメーカーは、多くのベッターがチームを消去して、それに応じてラインをつり上げることを期待するということに気づいています。これの典型的な例は、ロサンゼルス・レイカーズです。レイカーズが連戦の2回戦目をプレイしていたら、多くのベッターは年齢を重ねたレブロン・ジェームズや弱いレイカーズのベンチを見て、パフォーマンスがよくないと想定します。レイカーズが休みなくゲームをプレイする時には、レイカーズは7-1 ATSです。実際に、連戦の終わりには13チームがゲームの半分以上をカバーします。

あまり早いうちにロックしない

「back-to-back」のフレーズに似ている用語、「load management」も現在のNBAでは一般的な通語です。多くのトップチームは、プレイオフをする予定があることを知っています。そのため、プレイオフに備えて体力温存するために、スターをよく休ませる選択をするでしょう。スプレッドは翌日のアクションの24時間前に利用できることが多くなっています。ですが、主要プレーヤーを休ませる計画は、内報の数時間前まで明らかにされないことがたまにあります。カワイ・レナードが休むのではなく、プレイしていたら、クリッパーズを支持することに気分良く感じますか?そのため、チームプランを確信するまで、事前にゲーム時間を賭けるという衝動は避けましょう。

やる気があるプレーヤー、ないプレーヤーは?

シーズンを通して、プレイオフ参加に関係のない特定のチームは、将来があることを感じ取るために若いプレーヤーをプレイさせることで、わざと負けていることを認めずして、「わざと負ける」場合があります。最近では1年前に、もっと良いドラフト指名のためにチームを配置するために、この「戦略」も導入されました。それ以来、リーグは、ドラフトのくじがチームのドラフトの位置を決める方法を変更して、わざと負けることを回避する措置を講じました。

いずれの方法でも、シーズン後半では、より良いプレイオフのシードのためにどのチームがプレイに対してモチベーションがあるのかどうか、どのチームがないのかが明らかになります。繰り返しますが、オッズメーカーもこの考えに調子を合わせて、それに応じてラインを調整する傾向にあります。ですが、スプレッドではなく、合計に賭けるという意味でも、この知識をまだ活用することができます。

プレーヤープロップスが有利なことがある

オッズメーカーはラインをつり上げて、特定のスプレッドや合計からの賭けの価値をなくしてしまうことがありますが、プレーヤープロップスではこれは難しいことです。ほとんどのスポーツブックは各ゲームでプレーヤーに対してさまざまなプロップスを提供します。プレーヤーが入れる得点数や、プレーヤーのアシストやリバウンドボール数などに賭けることができるのです。

チームの防御状況や傾向によって、ベッターはそれぞれのプレーヤーのパフォーマンスに対して適切なアイデアを練ることができます。このように、躊躇する代わりに、チームがカバーする場合には、他のところで注目することが可能です。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *