ライブブラックジャックのプレイ方法

ライブブラックジャックをプレイすることを検討しているなら、ゲームのことをすでにちょっぴり知っていると仮定すると安心です。このサイトの別の記事では、ブラックジャックの詳細についてカバーしていますが、まだ読んでいなければ、まずはその記事を読んで練習してからこの記事に戻って来ましょう。ライブブラックジャックは普通のブラックジャックと基本的には同じです。ですが、ゲームはコンピューターベースで行われて各取引の結果がランダムナンバージェネレーターによって決定される代わりに、ライブではゲームは実在するディーラーによって配られる物理的なカードでリアルにプレイされます。 欠けているのはあなただけ。この問題は上にあるライブストリームリンクで解決できます。そこではゲームを見て、ディーラーとその他のプレーヤーとの交流ができます。 ライブブラックジャックの仕組み ブラックジャックは、どのライブカジノでも一番賑わっているゲームです。さまざまなルール、サイドベット、テーブルリミットに本当に多くのバリエーションがあり、同時に40~50のさまざまなテーブルが活動中であることもよくあることで、とにかく活気に溢れています。当然ながら見た目は若干違いますが、このガイドはかなり一般的なライブブラックジャックゲームをプレイする方法を紹介します。 各ゲームは、賭け時間に始まります。これはわずか10秒ほどなので、賭け金額などの賭け選択を省くとラクです。時間になるとゲームが始まり、ディーラーがいつも通りにカードを配ります。バーコードリーダーのようなものの上でディーラーがカードを「スキャン」していることに気づくかも知れません。これは、各カードにチップが入っていて、コンピューターにその値を伝えるのです。カードの値が分かるので一致することが分かり、ディーラーはそれからテーブルのトラップドアの中にプレーヤーカードを入れます。 その時点から手札はデジタルで表示され、同時にディーラーの手札はいつも物理的にもデジタルでも表示されるのでこれが起こります。それによって、全員が違うサイドベットがあるとか、ダブルなのかインシュランスを取るのかなどを考慮して、ゲームを個人向けにすることが簡単になります。 手札が配られたら、何をするのかを決める必要があります。画面中央にデジタルボタンとしてオプションが見えます。決定にはわずか数秒しかありません。そうでないとゲームはあなたの代わりに行動して、11以上だとスタンド、以下の場合にはヒットします。 コンピューターの裏技は、各プレーヤーが選択したことをしっかりと覚え、パーセンテージが他のすべてのプレーヤーが行っていることで割られていることすら分かります。例えば、20%はヒット、80%はスタンドと言えます。 ディーラーは、誰かが求めているかぎりヒットを続け、手札はバストしません。ですが、あなたがスタンドを選んだなら、その後のカードはあなたのベットには適用されません。ゲームが終わると、勝者に支払われます。そしてプロセスがまた始まります。このように無制限数の人がひとつのテーブルでプレイできます。ただ先に進んで行き、いつでもその全員があなたに申し込むわけではないので、少し注意を払う必要があるというだけのことです。