ライブブラックジャックのプレイ方法

ライブブラックジャックをプレイすることを検討しているなら、ゲームのことをすでにちょっぴり知っていると仮定すると安心です。このサイトの別の記事では、ブラックジャックの詳細についてカバーしていますが、まだ読んでいなければ、まずはその記事を読んで練習してからこの記事に戻って来ましょう。ライブブラックジャックは普通のブラックジャックと基本的には同じです。ですが、ゲームはコンピューターベースで行われて各取引の結果がランダムナンバージェネレーターによって決定される代わりに、ライブではゲームは実在するディーラーによって配られる物理的なカードでリアルにプレイされます。 欠けているのはあなただけ。この問題は上にあるライブストリームリンクで解決できます。そこではゲームを見て、ディーラーとその他のプレーヤーとの交流ができます。 ライブブラックジャックの仕組み ブラックジャックは、どのライブカジノでも一番賑わっているゲームです。さまざまなルール、サイドベット、テーブルリミットに本当に多くのバリエーションがあり、同時に40~50のさまざまなテーブルが活動中であることもよくあることで、とにかく活気に溢れています。当然ながら見た目は若干違いますが、このガイドはかなり一般的なライブブラックジャックゲームをプレイする方法を紹介します。 各ゲームは、賭け時間に始まります。これはわずか10秒ほどなので、賭け金額などの賭け選択を省くとラクです。時間になるとゲームが始まり、ディーラーがいつも通りにカードを配ります。バーコードリーダーのようなものの上でディーラーがカードを「スキャン」していることに気づくかも知れません。これは、各カードにチップが入っていて、コンピューターにその値を伝えるのです。カードの値が分かるので一致することが分かり、ディーラーはそれからテーブルのトラップドアの中にプレーヤーカードを入れます。 その時点から手札はデジタルで表示され、同時にディーラーの手札はいつも物理的にもデジタルでも表示されるのでこれが起こります。それによって、全員が違うサイドベットがあるとか、ダブルなのかインシュランスを取るのかなどを考慮して、ゲームを個人向けにすることが簡単になります。 手札が配られたら、何をするのかを決める必要があります。画面中央にデジタルボタンとしてオプションが見えます。決定にはわずか数秒しかありません。そうでないとゲームはあなたの代わりに行動して、11以上だとスタンド、以下の場合にはヒットします。 コンピューターの裏技は、各プレーヤーが選択したことをしっかりと覚え、パーセンテージが他のすべてのプレーヤーが行っていることで割られていることすら分かります。例えば、20%はヒット、80%はスタンドと言えます。 ディーラーは、誰かが求めているかぎりヒットを続け、手札はバストしません。ですが、あなたがスタンドを選んだなら、その後のカードはあなたのベットには適用されません。ゲームが終わると、勝者に支払われます。そしてプロセスがまた始まります。このように無制限数の人がひとつのテーブルでプレイできます。ただ先に進んで行き、いつでもその全員があなたに申し込むわけではないので、少し注意を払う必要があるというだけのことです。

4つのおかしなカジノギャンブル戦略

カジノゲームは、すべてランダムなチャンスに基づくもの。ポーカーテーブルのプレーヤーが次にどのカードで何枚プレイするのかを知らなくても、手札が弱いなら、ポーカー戦略では、賭けに深く入り込む前にフォールドを伴います。遅かれ早かれ、未知数の要素によってすべての戦略が論議となるので、どのタイプのギャンブル戦略を考える時でも念頭に置いておくと良いでしょう。 1. 二度とブラックジャックをプレイしない ブラックジャックはギャンブラーの間で非常に尊重されています。他のカジノゲームとは違って、テーブルで技を使うことができるからです。十中八九の批評家はブラックジャックのハウスエッジもかなり良いと言います。ですが、標準のブラックジャックには問題がひとつあります。このゲームは、プレイするのに最も寛大なバージョンというわけではありません。ほとんどの人は6:5のオッズだけを支払うシングルデッキブラックジャックゲームを避けることを学んでいますが、大多数のプレーヤーは3:2のオッズを気に入っているので、シューターで6~8デッキの標準ブラックジャックをプレイすることが一番簡単にできるのです。ですが、ありきたりなブラックジャックプレーヤーよりも少しだけ有利にこのゲームを楽しめる他の方法があります。 2. トーナメントだけでプレイする この戦略はかなり有名です。ほぼすべての基本戦略批評家は、ある時点でタイミングよくトーナメントだけをプレイするということを語っています。前もって均一料金を支払うだけなのに、トーナメントで勝てば、賞金金額は実質的に前払い金額以上になるでしょう。スロットゲームトーナメントは1位、2位、3位のプレーヤーに賞金を与えることができます。 トーナメントプレイの本当におもしろいところは、買い込む前にプレイすることができることです。これによって、ギャンブルを予想できる賭けにほぼ変えることができます。もちろん、トーナメントで許可される以上にギャンブルをしたい場合があるかも知れません。ですから、トーナメントだけでプレイするように自分を制限することは現実的ではないかも知れません。 3. 可能な時にはいつでもディーラーと1対1でプレイ カジノは、ブラックジャックテーブルにプレーヤーが1人しかいないことを好みません。カジノの長所の一部は、同時に複数の顧客とディーラーが対戦することから生まれます。あなたがカードをカウントするしないにかかわらず、ディーラーに向かっているプレーヤーがあなたひとりだけなら、カードの分配で変動が少ないことが分かるでしょう。あなたが幸運で、あなた自身がディーラー役になれるなら、ピットの責任者は他のテーブルを閉じる、またはテーブルをいっぱいにするために一部のハウスプレーヤーを送り込むかも知れません。こうなっても取り乱さないようにしましょう。シューターからカードを弾く人が多いほど、テーブルにいるプレーヤー数が重要な理由は?この高バリューのカードを手に入れるチャンスが減るからです。あなたとディーラーだけなら、必要なカードを引くチャンスは五分五分です。テーブルにいる人が多いほど、見込みは劇的に減ってしまいます。 4. ルーレットでは一度に2、3のアウトサイドベットをプレイする  ゲームの批評家はルーレットを選択することを好みますが、それには確かに多数の相当な理由があります。ハイリスクのベットを強調するように賢くデザインされるゲームをプレイすることを思いとどまらせます。テーブルの大抵の賭けオプションは単一の数字で、プレーヤーはインサイドでプレイする時には単一の数字だけに賭けるという点から考えがちです。精通したプレーヤーはルーレットではラインをプレイするかもしれませんが、6つの数字に賭ける時でも、ハウスの方が断然有利で、オッズもひどいのです。従来のルーレット戦略ガイドでの最大の勝ち目は、「安全な」アウトサイドベットをプレイすることです。黒か赤、奇数か偶数です。批評家は、1/3カテゴリーに賭けることもできるということにしぶしぶ同意するでしょう。最初の12、2番目の12、3番目の12の数字です。この1/3グループはそれぞれ2対1のオッズを支払います。

NBAで賭ける方法 – 4つのコツと戦略

NBAはベッターがお金を稼げるようにシーズン中ずっと、多数の機会を提供しています。30チームがそれぞれ82試合プレイし、それにはすべてのプレイオフアクションは含まれていません。ベッターには、オッズメーカー以上にエッジがあると信じて、シーズン始めにすぐに飛び込む人がいます。賭ける前にチームから十分にサンプルサイズを見るまで待つベッターもいます。どちらの方法でも、長年経ってキャバリアーズとウォリアーズはもうこのスポーツを支配していないと考えられ、NBA現在ではさらに幅広く開いています。 NBAベッティングにアプローチすべき最高の方法は何でしょう?ここではバンクロール構築のためにNBAを使用する手助けとなる役立つ戦略をいくつかご紹介します。 スケジュールを知る 熱心なNBAのフォロワーなら、「back-to-back」というフレーズはあなたのボキャブラリーにしっかり根付いているでしょう。「Back-to-Back」とは、連日プレイしているチームのことです。ベッターはよく、連戦の2回戦目でチームを自動的に消去します。疲れているチームは、もっと不利であると想定するからです。 ですが、この状況では、オッズメーカーは、多くのベッターがチームを消去して、それに応じてラインをつり上げることを期待するということに気づいています。これの典型的な例は、ロサンゼルス・レイカーズです。レイカーズが連戦の2回戦目をプレイしていたら、多くのベッターは年齢を重ねたレブロン・ジェームズや弱いレイカーズのベンチを見て、パフォーマンスがよくないと想定します。レイカーズが休みなくゲームをプレイする時には、レイカーズは7-1 ATSです。実際に、連戦の終わりには13チームがゲームの半分以上をカバーします。 あまり早いうちにロックしない 「back-to-back」のフレーズに似ている用語、「load management」も現在のNBAでは一般的な通語です。多くのトップチームは、プレイオフをする予定があることを知っています。そのため、プレイオフに備えて体力温存するために、スターをよく休ませる選択をするでしょう。スプレッドは翌日のアクションの24時間前に利用できることが多くなっています。ですが、主要プレーヤーを休ませる計画は、内報の数時間前まで明らかにされないことがたまにあります。カワイ・レナードが休むのではなく、プレイしていたら、クリッパーズを支持することに気分良く感じますか?そのため、チームプランを確信するまで、事前にゲーム時間を賭けるという衝動は避けましょう。 やる気があるプレーヤー、ないプレーヤーは? シーズンを通して、プレイオフ参加に関係のない特定のチームは、将来があることを感じ取るために若いプレーヤーをプレイさせることで、わざと負けていることを認めずして、「わざと負ける」場合があります。最近では1年前に、もっと良いドラフト指名のためにチームを配置するために、この「戦略」も導入されました。それ以来、リーグは、ドラフトのくじがチームのドラフトの位置を決める方法を変更して、わざと負けることを回避する措置を講じました。 いずれの方法でも、シーズン後半では、より良いプレイオフのシードのためにどのチームがプレイに対してモチベーションがあるのかどうか、どのチームがないのかが明らかになります。繰り返しますが、オッズメーカーもこの考えに調子を合わせて、それに応じてラインを調整する傾向にあります。ですが、スプレッドではなく、合計に賭けるという意味でも、この知識をまだ活用することができます。 プレーヤープロップスが有利なことがある オッズメーカーはラインをつり上げて、特定のスプレッドや合計からの賭けの価値をなくしてしまうことがありますが、プレーヤープロップスではこれは難しいことです。ほとんどのスポーツブックは各ゲームでプレーヤーに対してさまざまなプロップスを提供します。プレーヤーが入れる得点数や、プレーヤーのアシストやリバウンドボール数などに賭けることができるのです。 チームの防御状況や傾向によって、ベッターはそれぞれのプレーヤーのパフォーマンスに対して適切なアイデアを練ることができます。このように、躊躇する代わりに、チームがカバーする場合には、他のところで注目することが可能です。